cs60目黒の体験談と口コミ

CS60目黒の体験談と口コミ。

これからのCS60について

去年の今頃、CS60と出会い、翌月にCS60目黒をオープンした。

 

www.cs60meguro.com

 

1年間の間に延べ500名近くの方々にお越しいただき、そのほとんど全ての方々にはご満足いただけるサービスを提供してきたと自負している。もちろん、中には納得ができなかった方もいるかもしれないが、自分たちが出来る範囲のことはきっちりしてきたつもりだ。

 

CS60を巡る環境も大きな変化があり、日本全国でたくさんのサロンがオープンした。ただ、それでもまだまだ超マイナーな存在であることには変わりない。

 

1年前はただ興味半分で西村先生を訪れたのにも関わらず、まさかここまで自分がどっぷりとハマるとは思ってもいなかった。

 

怪しい、怪しいと思いながらも施術を続ければ続けるほど、その怪しいという気持ちがある種の確信に変わってきたから不思議なものだ。

 

西村先生は「CS60が世の中に広まれば、世界は変わる」という信念があるが、それもあながち不可能ではなくなってきていると思えるほど、この1年で大きな進展があった。

 

ただ類似品や、CS60をただ利用しようとしている人々、既成概念に囚われて全く相手にしない人など、不安要素は大きい。

 

それでも、自分の人生で何回、世界を根底から覆すもの、変えてしまうもの出会えるだろうか?

 

30代のとき、ソーシャルビジネスに出会い、自分の人生は変わった。それでも世の中に大したインパクトを残してはいない。40代、CS60を出会い、この出会いの行き先をこれからもずっと見守り続けたいと思っている。

 

そのために研鑽をして、知識を増やし、技術を磨き、この不思議な器具の普及に微力ながらも協力していければと願っている。

 

 

ゴールデンウェークも絶賛営業中:cs60目黒

10連休が間近に控えており、落ち着かない皆様もたくさんいらっしゃると思います。cs60目黒はそんな10連休もなんのその、絶賛営業中ですので、この機会にぜひお越しください。

 

www.cs60meguro.com

 

先日、とあるお客様に「cs60目黒に通っていなかった4ヶ月の間に、施術のレベルが劇的に向上した!」とお褒めのお言葉もいただきました。(そのかたはご自身でフランチャイズ契約されたので、それ以来お越しになられていませんでした。)

 

これも目黒まで日々お越しいただける方々のおかげ、西村先生のおかげだと感謝しております。

 

liaison-ten.jp

 

アメリカ・セドナで西村先生の施術風景を高城剛氏が撮影し、それをカンヌ映画祭に出品されるようです。どんな映像なのかは想像もつきませんが、とても楽しみです。(あの変なポロシャツを着て撮影しなかっただけ、僕は一安心しました。笑)

 

目黒にもプロジェクターがあるので近いうちに試写会ができればと願っております。本部の方々に交渉してみますので、続報をお待ちください。

 

では、目黒にてお待ちしております。

 

 

CS60本部に行ってきました。

昨日、cs60青山本部に行ってきた。昨年の8月の本部移転以来、月に1度くらいCS60青山本部にお邪魔している。

 

ここ最近はcs60はものすごい早さで広がっているし、それに伴って色々なことがすごいスピードで起こっているので、それくらいの頻度で行かないとキャッチアップできない。

 

西村先生は先日、高城剛氏と連れ立ってアメリカに行ってcs60の施術を撮影して、さらに高城氏はそれを今年のカンヌ映画祭で発表するとのことだ。なんだかよくわからないが、なんとなくすごい!・・・・

 

さらに日本中の医師と連携して、医学的にも検証して、その効果をどんどんと学会にも発表にしていくということだ!これは間違いなくすごいことだ!

 

そのうち、一家に一台CS60という時代が来るのだろうか・・・・そうなったら、なかなか楽しい世界になるなと心の底から思っている。

 

今回は西村先生ご本人にも色々と施術方法を訊いて、とてもためになった。

 

西村先生は「訊きたいことがあれば、いつでも訊いて」とおっしゃってくれたが、だいたいいつ行ってもいない・・・・そして誰も西村先生のスケジュールを把握していないので、とりあえず行ってみて運がよければ話が訊けるという感じだ。

 

そして、今回はちょっとだけだったけど、初めて西村先生にも施術をしていただき、花粉症の治し方を伝授していただいた。これを実践して、世の中から花粉症をなくす一助になれればと願っている。

 

また、cs60の施術方法を習う専門学校を作って、その卒業生をどんどんと海外に送り出す計画もあるらしい。怪しい、怪しいと思っていたcs60がいつの間にか、なんだかグローバルに展開していくのは楽しい。

 

映画監督のウッディ・アレンが「 成功の80%を決めるのは、そこにいることだ。」と言っていたが、cs60を巡る諸々の出来事をみていると本当にそう思う。

 

とにかくなんでもやってみて、自ら道を切り開かないといけない。そうではないと、そこに留まることさえ、許されない。

 

おそらく、cs60が普及する上で色々な困難があると思うし、自分自身にもそれが当てはまる。日々、自分自身をアップデートして、この凄まじい環境の変化に取り残されていかないようにしていこうと思っている。

マルティンの花粉症が治った件について

マルティンは長い間、花粉症に悩まされており、cs60でずっと施術してほしいとは言われていた。

 

それでたまたま今度、新しく入る林くんの研修をしているところにマルティンがやってきたので、これはいいタイミングと思い施術をした。

 

kafun-rescue.jp

 

花粉症の原因は諸説あるが、雑な言い方をすれば免疫力の低下が要因だ。ということで、免疫力を司るお腹を中心に施術をした。

 

ホラー映画さながらの叫び声をあげるマルティンを見るたびにアカデミー賞級の演技(?!)・・・・まあ演技ではないのだけど、いい反応をするとつくづく思う。

 

施術をしている最中にも、「鼻が通ってきた!」と文字通り嬉しい悲鳴をあげながら、耐えること10数分、流石のマルティンもギブアップをして施術を終えた。

 

それから、マルティンと会って話を聞くと、「施術後、3、4時間かけてどんどんよくなり、今はもう全く花粉症の症状は出ていない!」とのことだ。

 

長年、本当にひどい花粉症に悩まされていたマルティンは、花粉症が治ったことがよほど嬉しくかったのか、タンゴを踊りに来る人たち全員にcs60のことを言いふらしていた。(前の日、花粉症がひどくて全く眠れなかったらしい。確かにそれが解消したのだから、嬉しいだろう。)

 

ただ、施術をしてからまだ日が浅いので花粉症が完治したとは言えないだろうが、マルティン本人が大満足なので、しばらくこのまま様子を見てみようと思っている。

 

マルティンの生徒さんたちもマルティンが毎年花粉症の時は涙目になり、鼻をムズムズしていたことを知っているので、cs60の多くの生き証人ができて良かったとは思う。

 

花粉症も治るのか・・・・すごいな、cs60。

 

 

 

CS60目黒練習会と交流会

先日、cs60目黒で練習会および交流会を行った。

f:id:photo0827:20190216144845j:plain

当日はcs60の研修を終了した方々5、6名とそのほか10数名以上のcs60体験者の方々が集まり20名程度の会となった。

 

そもそもの発端は、cs60目黒で働きたいという方に1度研修を行った。しかし、もっと教えて欲しいということになり、それならば皆様と共有しようということになってこの会を開催した。

 

研修を受けた時期によって研修の質にもばらつきがあるし、西村先生ご本人も「本部の研修は甘い!」と常々おっしゃってはいる。さらに大事なのは「直感と経験!」と断言されている。(西村先生、正直すぎる・・・・)

 

確かに施術者個人の資質と努力に大きく左右されるのは事実だし、経験してみないと分からないことは多い。でも、質の担保をする努力はcs60目黒の運営者としては行わないといけない。ほんと難しいところだ。

 

色々とあるが、参加者の方々からあった質問をいくつかピックアップしていた。

 

Q1. 他の施術者のブログでは癌など重度な方を施術すると、自分自身もダメージを受けると書いてありますが本当ですか?

 

知らん・・・・言い方が悪いのですが、「治す」というのが仕事なので、それに集中して余計なことを考えない方が賢明です。

 

真面目な話、最新のcs60にはアースがついており施術者自身には影響ないように設計はされている。だから100%安心とは言い切れないですが、これも本人の心持ち次第かと。

 

Q2. よく霊障や憑き物もとれるという話を聞くのですが、そういう経験はありますか?

 

知らん・・・・これも同じで気にしないのが一番だと思う。

 

note.mu

 

上記のように気合いと塩があればなんとかなるのではと内心思っている。

 

Q3. 重度の方を治した経験などあれば教えてください。

 

問題は1回目で良くなると二度と来ない人が多いことだ。だから追跡調査はできていないが、通っている方々でも重度の症状をお持ちだったのが改善されている方は多い。

 

またスタジオオーナーのマルティンが練習会の実験台になってくれたので大助かりだった。彼の痛みに対する表現はアカデミー賞ものなので。(まあ、演技ではないのだけど、ナイスリアクション!)

 

大盛況のうちに幕を閉じたのでまた機会があれば2回目を催したいと思っております。よろしくお願い申し上げます。

 

 

楽トレについて熱く語ってみようと思う。

以前ブログで楽トレを紹介した。

 

cs60meguro.hatenablog.com

 

楽トレの仕組みを図にすると下記になる。

(転載元:楽トレとは | 【公式】楽トレ.jp 日米特許取得の複合高周波EMSでインナーマッスルを強化、ダイエットと健康増進 )

f:id:photo0827:20190130153800p:plain

インナーマッスルを鍛えるのは至難の技だ。

 

ピラティスやヨガで2、3年やってつくインナーマッスルが楽トレだと20回程度、週2回で3ヶ月通えば付くと言われている。さらに30分の楽トレで腹筋9000回の効果があるらしい。

 

まあ、怪しい。

 

と思ったがとりあえずは続けてみることにして、すでに24回通って3ヶ月経った。そして、その効果は?

 

いやー、マジこれスゴイ。

 

お腹の部分がすごく引き締まり、タンゴを踊っていても軸が安定するのを感じられる。ついこの間などは、よく普段から一緒にタンゴを踊っている女性から「めちゃくちゃ体鍛えている?なんかすごく強くなった!」と驚かれた。(もちろんきちんと「毎日めちゃくちゃ筋トレしている!」と答えておいた。)

 

自分で体験して、これは本当に効果があると思う。

 

だが、しかし!

 

楽トレとは名ばかりで、パッチを付けてもらって楽トレを行う30分間は、ただひたすら苦痛だ。CS60ほどの激痛ではないが、苦痛は苦痛だ。そして週二回行って、それを最低限2ヶ月やらないとその効果を実感できない。

 

自分のようにより良いタンゴを踊るために体幹を鍛えたいからとか、何か具体的な目標設定がないと、とてもではないが続けられない。

 

また電気の強さのレベル設定が1から30まであるのだが、それが常にあげられていき、そのレベルに慣れた頃にまたあげられるので、一生慣れることはない。レベル30までは1ヶ月半から2ヶ月経った頃に到達したが、それからもずっと苦痛だ。(ちなみに通っている整骨院では、レベル30に到達したのは自分だけらしい・・・・そして、それから院長が後に続いた。(笑))

 

ドMとか、タンゴバカとか、cs60よりも軽度の痛みで体をよくしたい人にはオススメだ。20回程度は通わないと意味がないので、最低でもそれだけの時間とお金をかけられる人だけにオススメする。

 

自宅近所か勤務先の近所にある整骨院ではないと、続けられないと自信を持って言えます。CS60のように即効性があればまだしも、最初の10回20回はただ苦痛なだけなので、「あら、今日はお天気がいいから楽トレでも行こうかしら?」などという気分になることは絶対ない。

 

楽トレに行くときはいつもバックミュージックはドナドナだ。

 

youtu.be

 

ちなみに通っている整骨院は下記です。

 

kokokara-meguro.com

 

CS60目黒よりほど近いので、CS60の施術を受けた後、ぜひ行ってみてください!

 

 

cs60の施術を受ける頻度について

cs60の施術後によく訊かれるのは、「どれくらいの頻度で来ればいいのですか?」という質問だ。

 

理想は、「1週間に1回を合計3回続けてみる」というものだが、なかなかそんなに通えないという方には来れる範囲で最初はなるべく間隔を空けずに3回程度は通うことをオススメしている。

 

それ以降は症状の重さに応じて、頻度を変えていけばいいと思う。

 

cs60のいいところは、症状が軽くなるにつれて施術中に受ける痛みが減ることだ。そうなると、自分自身でもそれほど根詰めて通う必要がないと自覚ができる。

 

中には合計10回以上の施術を受けている方々がいるが、やはり最初の頃は週1程度に通って、今は1ヶ月に1回程度のメンテナンスに通っている方々が多い。

 

ただ問題は症状が重い人ほど、最初の痛みは増すので、次回の施術に対するモチベーションが下がってしまうことだ。(現に僕の義理の弟はcs60を置くだけで痛いというレベルだったので、もう二度と施術を受けたくないと言っている・・・・)

 

そのような方々に対してどのようにアプローチをするかが今後の課題だが、自覚している症状が1回で劇的に改善すれば、2回、3回と通っている方々が多いので、一球入魂ならず一回入魂で全力で施術をするのが一番だと思っている。

 

では、今年もよろしくお願い申し上げます。