cs60目黒の体験談と口コミ

CS60目黒の体験談と口コミ。

インド施術会について パート1

10月9日から15日までインドのジョードプルに行き、CS60本部が主催する施術キャンプに参加してきた。今回はお試しという側面が強かったので、施術時間自体はそれほど長くなく、かなりゆとりのあるスケジュールだった。

 

f:id:photo0827:20191017201005j:plain

ジョードプルに行くのは実はこれが2回目で、12年前に行って以来だ。街自体にはそれほど変化は感じなかったが、施術者としてインドを再訪するとは当時は思いもよらなかった。(ちなみにインドに行くのはこれで4回目になる・・・・ただのカレー好きなのだろう。)

f:id:photo0827:20191017201225j:plain

インドは相変わらずカオスのままだし、この後何十年経ってもそれは変わらない。それがインドの良さでもあり、悪いところかもしれない。

f:id:photo0827:20191017201614j:plain

f:id:photo0827:20191017201618j:plain

初日は小学校を借りて、その近くの村人を施術した。次の日は別の村に移動してまたその村人たちを施術した。彼らのほとんどは「CS60とは?」と言われても「はあ?なにそれ、食べ物?」という人たちだった。

 

しかし、「なにやら日の出ずる国である日本から施術者軍団が来て、病人を無料で治してくれるらしい」ということで集まったらしい。(コーディネーターの方々のご尽力に大感謝です。でもこれと同じことを日本でやっても一人も集まらないだろうなとは思う。)

 

日本」「無料」というキーワードはまだまだインドでは有効だ。実際に施術をしてみると、あれもこれも治せという注文が非常に多かった。インド人で多かったのは膝痛、腰痛、肩こり、四十肩五十肩だが、CS60の施術の中ではどれもある程度の即効性を見込めるものでよかった。

 

インドおよびインド人との付き合いは、初めてインドに1ヶ月ほど行った20歳の頃に始まり、その後三ヶ月後にまた三ヶ月ほど滞在した。そして、22歳の頃にロンドンで生活しているときに本屋でバイトをしていたのだが、そのオーナーがイギリスに亡命してきたシーク教徒のインド人だった。(さらにいうと5年ほど前にオンライン英会話スクールのリニューアルの為にインド人のエンジニアを雇ったが・・・・真っ黒な黒歴史なので、ノーコメントを貫きたい・・・・)

 

まさかここにきて、再びがっつりとまたインドに関わることになるとは不思議な縁を感じる。このインドの施術会はただの始まりであり、今後またすぐに行く確率が高い。

f:id:photo0827:20191017204039j:plain

インドはジョードプルの街のように遠くから眺めているだけならば、とても美しい。その中を歩くとなると、本当に大変だとは思う。だが、第一回CS60のインド施術会としては大成功だったので、今後にとても期待している。